ペイントリーTOP

外壁塗装工事

建物診断であなたの住まいに該当する項目はありましたか?外壁の塗り替えは新築後で8〜15年、その後は10〜15年サイクルで必要になると言われています。
建物の美観だけでなくお家自体を保護する役目がある外壁。診断項目で「自分の家、この症状かも…」と思ったら早めの対処をおすすめいたします。
外壁のメンテナンスは、建物の寿命を延ばすことにつながります。
建物診断はお済みですか?
まだの方はクリック

外壁塗装工事の工程

足場架設工事

足場は外壁より約1Mまでの間に架設します。
洗浄時の汚水飛散を防ぐため、足場の周りにはネットをかけます。
また、隣接する住宅や周辺環境に細心の注意を払いながら架設します。

洗浄工事

チョーキングが著しい外壁の場合は念入りに洗浄を行います。
この粉上の劣化した塗膜が多く残っていた場合、下塗り材(接着剤)の密着が悪くなり、後々の塗膜のはく離につながる事があります。

カビ・コケも高圧洗浄で
きれいにします。

コーキング工事

コーキングの劣化は雨漏りや壁内部の損傷の原因となります。はく離の見られたコーキングは撤去し新たに打ち替えます。
取り外したコーキング材。
撤去後はていねいに
新たなコーキングを施します。

下塗り

下塗りの主な役割は、次に塗る塗料の接着性を高める事です。
モルタル壁とサイディング壁では素材が違うため、下地に合わせて下塗り塗料も代える必要があります。また、鉄部には錆止め材を下塗りします。

中塗り

塗膜に厚みを付けるための工程です。塗りムラやヒビ割れが起きぬよう、均一に厚みを付けながら塗り進めます。
最も重要な工程です。

上塗り

塗装の仕上げとなる工程です。上塗りには最終的な仕上がり調整をするとともに、塗膜の保護という役割があります。
塗膜を重ね合わせることで、住まいの外壁を長持ちさせます。


外壁サイディングクリア塗装


高意匠のサイディングボードの模様をそのままに美しく保ちます。
※ただし、傷の少ない状態



外壁張替工事

サイディングに腐食が見られます。

内部。木材が崩れてしまい、支えとしての役割を失っています。

新たなサイディングを取り付けます。

吹きつけタイルを行い、既存のサイディングと模様合わせします。

完成。サイディングが新しくなると、イメージがガラリと変わります。

施工前。汚れが付着し、色がくすんでしまっています。また素材の崩れも見られます。

張替が必要なサイディングを取り外します。

張替後です。雨水の浸入がないように既存のサイディングとの接合部分にコーキングをします。

最後は塗装を施し、色を合わせて完成です。
Copyright (C) 2011 PAINT RE All Rights Reserved.
サイトマップ
プライバシーポリシー
外観イメージ
株式会社 ペイントリー

茨城県東茨城郡大洗町港中央26-31
tel: 029-267-3141
fax:029-266-3805
mail:info@paint-re.co.jp
営業日:月曜日~金曜日(AM9:00〜PM5:30)