ペイントリーTOP

屋根塗装工事

太陽からの紫外線や、熱・酸性雨などにさらされ、屋根は常に過酷な環境に置かれています。塗装を必要とするコロニアル(スレート)屋根などは経年劣化により塗膜の防水性を失い、雨水がしみこみやすくなります。これを放置しておくと、コケ・藻の発生やヒビ割れ・下地の反りなどを引き起こし、屋根の耐久性を低下させる原因となります。

コロニアル屋根塗装工事


コケ・藻やこびりついた埃を高圧洗浄にてしっかり落とし、塗料の密着性を高めます。

棟を抑えている鉄釘は、年数の経過により少しずつ抜けてしまいます。

下塗りです。中塗り材との接着性を高めるための工程です。

中塗りです。下地を太陽の紫外線や外気の影響・湿気等からから防ぐためていねいに塗ってゆきます。

縁切りです。屋根材の合わせ目が塗料で塞がり、毛細管現象で雨水が逆流してしまうのを防ぎます。

最後の仕上げの工程、上塗りをして完成。耐久性を高めるため、塗装面に厚みを与える役割があります。

シングル屋根塗装工事


施工前。汚れがかなり付着しています。放置すると傷みが進んで雨漏りの原因にも。

高圧洗浄でしっかりと汚れを落としてキレイにしてゆきます。

補修。ここでは部分的に新しい屋根材と差し替えています。

下塗り。屋根を長持ちさせるため、隙間無く塗ってゆきます。

中塗り後、上塗りをして工程終了。汚れが落ち、新築のような艶やかな屋根になりました。

瓦棒(トタン屋根)塗装工事


専用タワシで錆や埃などを取り除きます。この作業をすることで塗料の密着性が良くなります。

下塗は、接着剤の役割と、新たな錆を抑える効果があります。

中塗りです。塗装の効果が長持ちするように念入りに塗ってゆきます。

上塗りが終わって、施工完了です。

瓦屋根塗装工事


施工前。元の塗装が剥げ落ち、瓦自体の下地が見えてしまっている状態です。

洗浄→下塗→中塗を経て上塗りまで完了。見違えるようにキレイになりました。

こちらはスレート瓦。汚れが付着し、全体的にくすんで見えます。

施工後の写真。新品のように美しい屋根になりました。

屋根葺替工事

コロニアル葺替工事


施工前。塗膜が剥がれ、屋根材の素地が現れています。

既存コロニアルを撤去しています。本来防水の役割を果たすルーフィングにかなり傷みが見られました。

新しいルーフィングへ張替え。簡単にめくれないようにしっかりと止めていきます。

コロニアル葺き。
下から上に向かって据え付けてゆきます。

施工後です。施工前と比べ、黒が映える屋根に生まれ変わりました。

タフルーフ(ガルバニウム鋼板)葺替工事


施工前の写真です。この屋根をガルバニウム鋼板製のタフルーフに葺き替えます。タフルーフは手頃な料金ながら、耐久性・耐食性に優れた建材です。

タフルーフ設置後。端正でシャープなスッキリとした屋根になりました。
Copyright (C) 2011 PAINT RE All Rights Reserved.
サイトマップ
プライバシーポリシー
外観イメージ
株式会社 ペイントリー

茨城県東茨城郡大洗町港中央26-31
tel: 029-267-3141
fax:029-266-3805
mail:info@paint-re.co.jp
営業日:月曜日~金曜日(AM9:00〜PM5:30)